ごはん日記  in 上海

~上海で始まった新婚生活~ 日々の食生活を中心に、色々記録していきます♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月から、中国茶講座の中級コースがスタートしました。

上海に来る前は、全く興味がなかった(というより、飲んだこともなかった) 「中国茶」 でも、こっちでは最も人気のある習い事で、私も自然と興味を持つように。

日本人向けにいくつか中国茶教室はあって、しっかりお勉強系 or のんびりお話を聞きながらお茶を飲む系があります。
で、私、当時(4月)はとってもやる気満々だったので、まったく無知なくせに「お勉強系」を選んでしまいました

講義は、毎回数種類のお茶を飲みながら(順番に自分たちでお茶を入れ、作法も教えてもらいます)、ノートをとってしっかりお勉強。

でも、なかなか難しい
みんなのレベルも高く、よその教室にも通ってたり、上海暦が長くお茶市場にしょっちゅう行ってたり、色々知識が豊富で質問のレベルも高く、私は感心するばかりです

とまあ、私には結構ハードル高い授業で、雑学レベルでしか理解できてないのですが…
妊娠を機に、味が美味しいだけでなく、体に良くて安全なお茶を色々教えてもらいました。

今の私の一番の関心事は「いったいどのお茶が比較的安全で、体にいいの?」ってこと。

まあ、農作物の農薬だけでなく、ホルモン注射やキケンな餌で育つお肉とか、色々ある中国。
嗜好品のお茶なんてそれほど気にしてはいないのだけど、種類によって全然違うだろうから、これは教えてもらいたい。
その辺を先生に聞いてみました。

まず、比較的安全なのは、
1、新春にとれた「緑茶」
寒い時期は農薬をまく必要がなく、清明(4月5日)以前に収穫する緑茶は、比較的安全だと考えていいそう。
お茶は、春と秋が美味しいらしいけど、どうやら「秋のお茶」は、農薬をたくさん使ってる場合が多いよう。
1、プーアール茶
1、岩茶
 
これは自然環境が良いところでとれるお茶だから。

そして、反対に疑わしい のは…
1、水果茶(フルーツ茶)などの加工茶
中国では、加工茶の法律が出来てないので「何を入れてるかわからない」んだそう。
あるお店では「妊婦さんは水果茶がおすすめ!」って出されたけど、あるお店では「着色してあるから妊婦さんは飲んじゃ駄目!」と言われ、いったいどっちを信用していいのか??どっちにしろ色が気になるから飲まない方がいいのかな?と思ってたけど、やっぱり先生も「飲まない方がいい。うちでも信用できないから置いてない」と。。。
…前回の帰国で、お土産としてみんなにあげちゃった。ごめんよー ライチ紅茶とかも人気があるけど、あれもオススメできないよう。
1、ジャスミン茶
花そのものに、農薬をかけてたりするので、疑わしいよう。
1、鉄観音(ウーロン茶)類
緑茶に比べてとれる時期が遅く(5月だったかな?)農薬を使ってる場合が多い、とのこと。

※聞き間違い、勘違いもあるかもしれないので、参考までに

ま、農薬・着色料は食品にも使用されてるから、たまに飲むぐらいならいいでしょ~と勝手に解釈してますが、私の中では、プーアール茶岩茶の格が、ぐっと上がりました(緑茶はカフェインが多いし)
普段は麦茶やルイボスティを愛用してるけど、これから寒くなってくるし、プーアール茶は活躍しそうです

中級になって、さらに楽しく(難しく?)なった中国茶講座。
これからも色々なお茶が試飲できるのが楽しみです 
スポンサーサイト
コメント

えー!ウーロン茶って危険度高いんですかっ?!うわ~飲んでた(´Д`;) しかもジャスミン買おうかな~って考えてたところ!危なっ( ̄Д ̄;; 貴重な情報ありがとうございました☆
2007/09/22(土) 14:00:00 | URL | cosdina #-[ 編集]

cosdinaさん
ウーロン茶にもたくさん種類があるので、ものによっては比較的・・・ってことだと思います。ちょっと私の書き方だと紛らわしいんですけど・・・i-229 外国で売られてるものはわからないけれど、中国で売られてるものに関しては、↑みたいです。
ちなみに、日本人が普段飲むウーロン茶は、こっちで言うところのウーロン茶と全然違うんですよねぇ。私はその中でも「鉄観音」という爽やかな青茶が好きi-176
2007/09/22(土) 15:13:42 | URL | mei #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。