ごはん日記  in 上海

~上海で始まった新婚生活~ 日々の食生活を中心に、色々記録していきます♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月、点心教室に通うことにしました

週2回、1ヶ月のフリーパスを購入すれば、500元で通い放題。なので、出来れば全部行きたいと思います

初日。
奶黄餡心(カスタード餡?)と大根パイを作りました。(中国漢字がうまく表示されないので、イメージで名前をつけてます)
カスタード餡は、卵、砂糖、カスタードパウダー……色々ボールで混ぜ混ぜして、それを先生がセイロで蒸してくれました。
トロトロのカスタードクリームを想像してたけど「蒸す」とは
出来上がりは、かたまり粘土のよう。それを、麺棒でこねこねして出来上がりです。
これは、次回「奶黄包」(クリームまん)を作る時に使う、ということで終了

そして、大根パイ
中力粉、ラードなどでパイ生地をコネコネ。
先生があらかじめ作ってくれてた大根のフィリングを入れ、芋虫型?に成形します。
で、それを大きな中華フライパンで弱火で揚げて、できあがり
サクッサクでおいしー
甘くないおやつです
余った生地で、先生が小豆餡入りのパイも作ってくれました。美味しかった~

20070906213811.jpg

これは持ち帰り分をおうちで撮影(ヒダヒダが見えるかな?)

この成形を覚えておけば、日本ではラードの代わりにバターを使って、中身のフィリングも色々変えて使えそうです


そして、二日後。
菜肉ワンタン奶黄包を作りました。

ワンタンは、以前料理教室で習った時と同じ作り方。復習になりました
具は先生(正確には、先生が雇ってるお手伝いさん)があらかじめ切ってくれてるので、混ぜるだけ。
肉や青梗菜に、生姜、砂糖、塩…など色々加えて混ぜ混ぜ。そして成形。
可愛い~

20070906213842.jpg
生のワンタン

これは冷凍保存も出来るので、自分で作った分はお持ち帰り~。
私たちは、先生が作ってくれたものを、桜海老やのりをたっぷり入れたスープにして頂きました これは皮さえ手に入れば、日本でもカンタンに作れます
(四角いワンタンの皮、日本で売ってるかな知ってる人教えてください)

そして、奶黄包の方。
ベーキングパウダーとイースト両方を入れた生地をこねこねして、前回の餡を入れて成形です。
普通に丸くするのはカンタンだけど、今回の目的は「灯篭」の形。
それから「はりねずみ」くんも作りました。
が、私の成形があまりにも「不好看!」見苦しいので、写真は「先生作」です

20070906213830.jpg

先生は、葉っぱの形を作ってました。
「この形は来月教えます」だって。来月も行かなきゃ~。
とにかく先生の点心はと~っても美しい当たり前だけど、みとれちゃいました。

出来上がりは、先生作をみんなで食べて、自分で作ったのものはお持ち帰り~。
この日は、大量のお持ち帰りがありました。すべて冷凍庫行きです


点心教室、前々から通おうと思っていたけど、やっぱり行ってみて正解
色んな成形が学べるので、日本に帰ったら役にたちそうです
スポンサーサイト
コメント

お、楽しそうで、よかったよかった。
でも大根パイ微妙じゃなかった?
特に形、、、

行き始めると週に2回も自動的に夕食が中華になり、しかも冷凍庫がいっぱいになる、、、そこだけが、問題だわ。
2007/09/06(木) 22:33:36 | URL | #-[ 編集]

すごーい、すごーい、どれもこれもおいしそう♪ 大根パイ、食べてみたいです☆ それにしても芸術的な成形ですね!こんな風にできるようになるには、やっぱり年季かしら?
2007/09/07(金) 00:09:53 | URL | cosdina #-[ 編集]

petitさん
芋虫形ね、けっこう気に入ったんだけど、人に出すのはどうかな?って形かも。
今のとこ、おやつにちょこちょこ食べるぐらいだけど、そのうちたまっていくんだろうね~。旦那は甘い点心を食べてくれないけど、餃子系は喜んで食べるから、週末にまとめて食べさせるつもりi-235

cosdinaさん
そうなの、先生の作った点心はホントにキレイ。やっぱり何度も何度も作って手をならしていかないと駄目なんでしょうねぇ。
ま、そんなにしょっちゅう作ってたらカロリー的にやばいので、気長に練習していこうと思いま~すi-237
2007/09/07(金) 17:06:19 | URL | mei #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。