ごはん日記  in 上海

~上海で始まった新婚生活~ 日々の食生活を中心に、色々記録していきます♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
~土曜日~

荷造りを終えて、久々に 新疆料理(新疆ウイグル自治区の料理)を食べに行きました

上海に来て初めて食べた「新疆料理」。アジアと西洋がミックスしたような不思議な味に、すっかりはまってしまって何度か行ってみましたが、最近はとんとご無沙汰でした。

行ったことがあるお店は、庶民派店と、やや高級店の2軒。
旦那に「どっち行く?汚い方?キレイな方?」と聞かれ、迷った末、汚い方(庶民派店)に決定
一応レストラン(?)なので、汚くはないのです、が、ローカル色が強い。以前行ったときは、店の前の道路で「羊の解体」をしてました。
でも、欧米人客も多く、お味もとても美味しいので、このお店、気に入ってます

今回も定番、羊肉の「新疆拌面」を頼みました。
20070917205331.jpg

10元(150円)
トマトやセロリ、インゲンなど、野菜たっぷり。中東の味?

鶏肉の煮込み(?)
20070917205359.jpg

ジャガイモが大量に入ってます。ちょっとカレーっぽい味。トマトがきいてます。
これを新疆ナン?につけて食べるととっても美味しい

20070917205424.jpg

スープ、羊のシシカバブ(←これが激ウマ)、ドリンクも頼んで、全部で82元(1300円ぐらい)

青い目で彫りの深い顔立ちの新疆の人たち。
ここを中国にするのは、無理があるよねぇ…といつも思います。


お店データ:鳳園亭(襄陽南路246号)

スポンサーサイト
夜。日本から上海旅行に来ていたお友達&旦那様&うちの旦那、の四人で「北京ダック」を食べに「全聚徳」というお店に行きました。
おそらく、上海で北京ダックといえばこのお店(ですよね?)

20070711104916.jpg

目の前でさばいてくれます

20070711104925.jpg

慣れた手つきでキレイに並べて…
その後お皿に盛って「ハイ、どうぞ♪」

甘いタレと葱を皮にくるんでいただきます。
皮がパリパリ、脂たっぷり。何度食べても飽きません。

今回、邪道ですが「マイ塩」持参で行きました。
タレばっかりだと飽きちゃうし、かなりこってりしてるので塩で食べたくなるんですよね。
特に、今は尚更…。(塩で食べるのは、お肉だけを食べる時だけです)

「あ~わかる~、塩欲しくなるねぇ」とみんなに好評でした。ヨカッタ

ダックのお店のあとは、デザートを食べに。
4人でひとつずつ頼んで、大きかったのでみんなでシェアしました。

で、そのうちの1個、プリンを頼んだところ…
こんなの が来ました

20070711105043.jpg

カキ氷の中に、プリンが二つ埋もれていて、コンデンスミルク&カラメルシロップ付き。
大うけしてしまいました
気になるお味ですが、プリンは自家製のように美味しかったです
今日の体調は二重丸 8割方良くなった気がします 完全復帰も間近のよう。
最近のおうちご飯は、煮物、おひたし、胡麻和え…と、地味~な粗食を食べ、カロリー調整。
そろそろ、ちゃんとした食事に戻れそうです。

で、夜は久しぶりに、お気に入りのお店「滴水洞」に行ってきました。
湖南省の郷土料理のお店です。
ガイドブックにも載ってる有名なお店で、7時前にはいつも満席。
ここのおめあては、コレ エビの串焼きです
   
  20070708213954.jpg

   味付けが絶妙

私は、四川や湖南、新疆など、クセのある料理が大好き(すでに気づかれてそうですが)
この手の絶妙な味付けは、ちょっと病みつきです。

   20070708214005.jpg

   「酸豆角炒肉末」酸味が利いたインゲンの炒め物。
   いつも、なぜか頼んでる人多し

                      20070708214018.jpg

                      「刹椒魚頭」コレも、お気に入り 

                            お店データ:茂名南路56号(長楽路口)


で、帰りはデザートを食べに。
今まで見た中で最高にキレイなカキ氷を頼んだのですが…写真を撮ろうとしたら「写真禁止!」と言われてしまいました。。。
ここは台湾のお店。本土はすぐコピー商品が出回るから??それにしても、カラフルでとってもキレイだったのに、残念

そして、今日はさらにお土産を。
「可能是上海最好吃的蛋撻」 (恐らく上海で一番美味しいエッグタルト)
と宣伝文句が書かれてある「エッグタルト」のお店、「莉蓮蛋撻餅屋」の前を通ったので、初めて買ってみました。

で、帰宅後すぐ味見してみてびっくり
信じられない美味しさです!こんなに美味しいのに、今まで買わなかったなんて
なんてもったいない。(でも旦那はまあまあとか言ってたけど)

ちょっと楽しみが増えました
でも、食べすぎは気をつけないとね。
先週末のことです。
朝起きるなり、猛烈に「四川料理」が食べたくなり(たぶん夢で見たのね)旦那にせがんでランチに連れて行ってもらいました。
「品川」という四川料理のお店です。

ここは、日本から来た出張者をよく案内して喜ばれるんだとか。
たしかに、半数は外国人でした。

で、ここの名物料理の「和牛」の油煮(名前不明)のパフォーマンスがなかなか面白かったんです。

まず、テーブルに熱々の油(下に熱々の石を敷いてます)が運ばれます。
(油が飛び散るので、テーブルの隅へ)
そこに、まずは玉ねぎ+薬味を投入

20070630104841.jpg
(クリック!)


すごい勢いで油が沸き立ちます
20070630104852.jpg



和牛(オーストラリア産和牛って書いてました)を投入
20070630104908.jpg



タレを投入
20070630104922.jpg



よ~く混ぜて、さあ召し上がれ!
20070630104640.jpg


この料理、一般的には「和牛」ではなく「カエル」を使うんだそう。
これは、外国人向けメニューですね。

お肉がとっても柔らかくて美味しかったのだけど…牛肉はツワリ中の私の好みではなかったワ。
この日は、副菜と麻婆豆腐がとっても進みました。

意外と、こういうものが食べたくなる時があるんですよね~
最近、むしょうに「カーッ」っとしたものが食べたい気分。
もともと好きだった刺激物が、最近はより好きになったようです。
で、また四川料理を食べに「川国演義」というお店に行ってきました。

  蒜泥白肉(豚ばら肉のニンニクソースがけ)
  20070519205820.jpg


  先週に引き続き「川魚の水煮」 山椒の量がすごい
  20070519205839.jpg


ここはちょっと高級そうな感じのお店で、味付けも上品。
美味しかったけど、先週のお店のほうが味は良かったです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。