ごはん日記  in 上海

~上海で始まった新婚生活~ 日々の食生活を中心に、色々記録していきます♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自宅に戻って1週間。親子3人の生活が始まりました

が産まれてもう 1ヶ月半、どんどん成長してくれています


生後4日目 こんにちは

ブログ1


2週目 ヘアアレンジ 髪の毛ふっさふさだよ

ブログ4



3週目 お顔にブツブツが出来ちゃった

ブログ3



1ヵ月 授乳クッションがお気に入り

ブログ5



5週目 お家に帰ってきたよ。ごきげ~ん

ブログ6



6週目 頭もぐんぐん持ち上げられるよ
(以前はすぐ泣いてたけど、持ち上げられるようになってからは楽しいのかなかなかギブアップしません)
ブログ7



24時間つきっきりの育児は毎日大変だけど、日に日に、まとめて眠ってくれる時間が長くなり、
ご機嫌タイムが長くなり、たくさん笑ってくれるようになり…、少しずつ余裕が出てきました。

今は、毎日の家事は猛スピード&超手抜き。昼間は布おむつを使っているので、洗濯だけはちょっと頑張ってるけれど、が起きている間はできるだけ遊んであげて、仲良し母娘をやってます
お外が大好きなので、日に2、3回はお散歩。今日は3回出かけたので、へとへとで私も一緒にお昼寝しました。

布おむつは、以前病院で働いてた友達が「排泄して気持ち悪いって感じる皮膚刺激や頻繁なオムツ替えが脳と心の発達にいいんだよ~」と教えてくれたので、私もお試し。夜は紙の方が使いやすく感じるけど、昼間はどんどん取り替えられるのと肌にあてた時に気持ちがいいので、布おむつもなかなか使いやすいです。

ちょうど1年前の今頃、なんとなくで始めたブログも、妊娠&帰国で早々と終了してしまいましたが、
のお披露目(?)で最後をしめたいと思います。

    このブログに遊びに来てくれた人達、どうもありがとう
     また会う日まで
スポンサーサイト
1月30日午前1時59分、3720グラムの元気な女の子を無事出産しました。

予想外にビッグベビーだった上に臍の緒も巻きついていたため
2日がかりで大変なお産だったけれど、
分娩台の上で、足の間からぬるりと娘をいきみ出したとき、
自然との一体感を全身で感じるような気持ちよさと達成感で、最高に幸せな気持ちでした。

出産の経過は…
予定日を過ぎても一向に出てこないため、週末から旦那に帰って来てもらって、28日に入院。
出来るだけ自然に、が方針の病院なので、とりあえずバルーンを入れて様子をみたけれど
ずっと微弱陣痛のため、この日は待つ日に。
このときの陣痛の痛みは、例えて言うなら生理痛の5倍ぐらい。
29日、ゆっくりだけど確実に進んでいるので、しばらく様子を見ることにしたけれど
午後、もうこれ以上待つのは精神的にも体力的にも続かないと思い、少しだけ促進剤を点滴してもらうことに。
午後4時ごろ、点滴開始とほぼ同時に、本格的な陣痛が開始。
この頃の陣痛の痛みは、例えて言うなら子宮が破裂して会陰を突き破って出てきそうな壮絶な痛み。
椅子にまたがったり四つんばいになったりしゃがみこんだり…本能のまま動きまくって
痛みを逃せる体勢を必死にさがすけれど、とにかくたまらない苦しさ。
このときはもう、出血や後期破水も多く、オムツのような紙ナプキンでも役にたたず
全身汗だくでもう、どろどろ状態。

でもソフロロジー効果なのか、陣痛は怖くなく、むしろ「もっと強い波が来て!」という気持ちで、うめきながらも泣き叫ばず冷静に呼吸法(←旦那談。後で「陣痛は耐えられないものじゃないと思った」そうで。いや、気絶寸前です)
意識がもうろうとしてきた頃、人工破水、子宮口も10センチ開大したところで、23時過ぎ、やっと分娩台に上がったけれど、赤ちゃんがまだ下りてこず(臍の緒が絡まってたためか)旦那にしがみついていきみまくりながら(←いきんじゃいけないけど)下りてくるのを2時間ほどずっと待ち続け、ようやく先生の「今から始まります」の声を聞いて約20分後、焼け付くような痛みと共に、頭、全身、がぬるぬると出てくるのを感じながら、待望の娘を出産。
目の前に、予想外に大きな娘がぬお~っと現れたの見たときは、感動、というより、
「私ってなんてすごいものを生み出したのー!」という達成感でいっぱいでした。

陣痛の苦しさも、感動も嬉しさもわが子の可愛さも、すべて想定内でしたが、
この達成感&自画自賛はまったくの想定外。
「みんな産んでるし、なんとかなるでしょ」っていうのが産む前の正直な気持ちだったので、
「こんなすごいことやり遂げて、私ってなんて偉いの!」なんていう気持ちが沸いてくるなんて、夢にも思ってませんでした。

出てきたばかりの娘は、軽く体を拭いてもらってすぐに私の胸においてもらって「カンガルーケア」
胸の上に置かれた瞬間、泣き止んで、私の方をじっと見ている娘はもう、めちゃくちゃ可愛い。
そして、「うわっ生臭い」と驚く旦那と一緒に、感動のスリーショットを撮りました。
(このあたりはすべてDVD撮影)

で、びっくりしたのが、出産だけで体重が8キロも減ったこと(最終的に13~14キロも太った私がいけないんだけど)
赤ちゃんが大きかっただけでなく、胎盤も850グラムと大きく、羊水や出血量も多かったので、頑強な体には自信があった私でもしばらくはふらふらでした。
出産直後から母子同室なので、この体で大丈夫かな~と思ったけれど、早々に体はママに変化してくれたようで、半日休むと体力だけは完全回復。ほとんど眠らなくても、なんとか夜泣きにも付き合えてます。
おっぱいの方も、バッチリ。
「お乳がエイ!母乳だけで充分いける!」と今日は太鼓判を押されました。
当日からの頻回授乳&陣痛中のおっぱいマッサージ、なんかも良かったのかも。
3日たった今は、ぐびぐび音をたてて飲んでくれてるので、これにはホッとひと安心です。食べ物にも気をつけないと。

今は、毎日少しずつ顔が変ってくるのを見るのが、とっても楽しみです。

…とりあえず、無事出産できて、感謝感激の毎日です♪

東京での「旦那とふたり生活」も、残り3日。
来週早々、お腹の子と高知に里帰りします

帰国後3週間はとにかく忙しかったけど、後半3週間は今までの分を取り戻すかのように、かな~りのんびり(というよりダラダラ…)
昼間はソフロの音楽を聴きながらお昼寝、夜はお風呂上りにヒーリングの音楽を流しながらヨガをするのが日課です。
お香を焚いたり、パンを焼いたり、アルバムの整理をしたり、読書したり、ベビーとお話したり…
なかなか穏やかに暮らしております

帰国を機に、待望の ル・クルーゼのお鍋 を購入しました。
鶏の丸ごとスープとか作るのに必要だな~と思って買ったのだけど、普段のお料理に何でも使えます。
普通に炒め物、揚げ物をしても美味しいし、鍋物やスープ、炊き込みご飯でもいける!
毎日使ってて一生もつのかは疑問ですが、買って(もらって)よかったです

さて、妊娠経過の方は、先週受けた33週目の健診の方は、これまで通り順調。
ベイビーちゃん、ついに体重2000gを超えました。(今は2200ぐらいかなぁ)重さも手足や体の長さも標準域のぴったり中間。
でも頭は標準域でも気持ち小さめなので、「このまま小顔でね!!」といい聞かせてます。

予定日(日本の病院では1月17日)まで約1ヶ月。
今は出産が待ち遠しいし、育児もとっても楽しみです

私にとって、今までの人生で一番感動したこと&嬉しかったことは
       「弟が生まれたこと」(妹もそうだけど、弟が先に生まれたので)
自分自身が結婚したことでも、何かに合格したことでもないのです。
だから、それ以上に感動する自分の子の誕生は、本当に楽しみ

年の離れた弟&妹は、それはもう可愛くて可愛くて、見てるだけで幸せ。
あの時は、私も子供だったけど、自分が疲れても弟が望めばずっと抱っこやおんぶをし、ウンチも替え、お風呂にいれ、外で遊ぶより育児や家事をするほうが楽しかった小学生時代に「母性愛」が目覚めてしまったので、自分の子供に対してはとにかく期待大なのです。
(その後、ふたりが成長して喧嘩三昧→家の中が戦争状態…になってからはそんな気持ちも失せたケド)
まだ未経験な、出産&母乳をあげること、は、特に楽しみにしています

東京には主治医がいないので、あまり動き回らないようしてるけど、里帰り後は、育児の体力をつけるべく、ガンガン歩こうと思ってます(←予定)


くつ1

玄関には、ベビー靴
ひとりぼっちの旦那の癒しになりますように
やっと、妊娠9ヶ月(32週目)に入りました。
先週は、健診を受けにプチ里帰り
経過は順調で、赤ちゃんのサイズも標準、心拍もとっても元気でした。
私の方は、昔からそうなのだけど「血圧がちょっと低いですね(上が80)」と言われたぐらいで、とりあえず元気でした。

ここ1ヶ月、普通に動いているけれど、さすがにお腹の重さを感じてきました。
ベビーも大きくなってきて、胎動も激しくはないけど力強い感じ。
パンチやキックは少ないけれど、常にぐにょぐにょ動いては、子宮壁をこすってくれます。
その胎動で明け方いつも目が覚めるので、時々お昼寝をするようになりました。
で、数日前のこと。昼寝の最中、実家から電話がかかってきて
「最近胎動でぐっすり眠れないから昼寝してるの」と言うと、その夜から寝てる間は胎動がとても弱くなったのです。
どうやら、娘は気にしているよう。なんてデリケートな子なんでしょう
可哀相なので、最近は「いっぱい動いていいからね」と何度も言って聞かせています


さてさて、新しい生活が始まって、3週間ちょっと。
1~2週目は、何もない家を住める状態にすることで精一杯でした。
毎日家電や日用品を買いに出かけたり、8日にやっと届いた船便の片づけをしたりと、大忙し。

今週からはやっと家の中が落ち着いたので、ずっと会っていなかった友達に会ったり(今年双子ちゃんのママになった子も)部屋に観葉植物を飾ったりして、ようやく日本での生活を楽しめるようになりました。
(あ…あとは「引っ越しましたハガキ」をみんなに送らなきゃ

日本に帰って来たら、是非やりたいと思っていたことNo.1は、
                 ESSE(エッセ)生活 
昔からの愛読書「ESSE」(主婦の雑誌です)のように、おしゃれで快適な節約生活を目指します

今は、毎日の買い物がとても楽しい
近所に商店街があるので、八百屋さんや魚屋さん、そして大型ディスカウントスーパーなんかに行って、安くて新鮮な食材を色々買って、栄養いっぱいのご飯を食べてます

以前は「東京の食材は高知に比べるとイマイチだな~」と思っていたけど、やっぱり東京でも、とれたての魚や農産物は、美味しい
日本は品種改良が進んでいるのか、土や水が良いからか、素材そのものが美味しいので、見てるだけでも面白くて、毎日近所を出歩いてます。

先日買った1尾200円のでっかいサバも、6個で250円のりんごも、感心するほど美味しかったです
今日は、頂き物の大根の皮をベランダに干して、「自家製干し大根」を作ってます(無農薬野菜をキレイな空気?の中で干せるって、すごい贅沢♪)


家の中を整えつつ、普通に主婦をしつつ、里帰りの準備をしつつ、明日からはアルバム作りに励もうと思ってます
10月27日、高知に戻り妊娠8ヶ月健診を受けた後、
30日、14ヶ月ぶりに 東京 に戻ってきました

今日は、今週いっぱいお休みをもらっている旦那と一緒に、大型電化製品&布団の買出しをして、ブラブラ街を探索したりして、久しぶりに東京でのショッピングを楽しみました。
想像以上に、ステキなものがいっぱい、どこもかしこもキレイで、私は感動して始終ご機嫌でしたが、旦那は
「日本はきちんとしすぎててつまらないと早くも後ろ向きになってました(笑)

最終日は、予定通り「生煎」の朝ごはんを食べ、エッグタルトを買い、順調に荷造りを終えたのだけど、最後の最後で、やっぱりトラブルが。。。

マンションを出る数分前に、意味不明の「停電」
エリア一体が停電してしまったようで、マンション内は真っ暗、電話もエレベーターも使えない事態になり、暗闇の非常階段を、旦那にスーツケースを抱えてもらって16階から降りました

当初は旦那が用事があって、私1人で空港に向うつもりだったので、
「本来なら1人でこれ持って降りなきゃいけなかったのねーこの体で」と思うと、ぞっとしました。
非常階段は、階下に行くほど暗くなってロウソクなんか灯してる状態。でも足元見えないじゃんっ
転げ落ちたら、破水したらどうするんだー!!(しかたないって言われるんだろうけど…)
と、私は最後の最後で、思いっきり怒ってました(笑)
でも、無事に戻ってきましたヨ

さてさて、明日は、新居に入居予定です。
できるだけ早くネット開通してくれればいいな
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。